遺された遺族がトラブルにならないために、遺産相続でトラブルになることを避けるために...

遺産相続を放棄する

親族が亡くなった場合、法律によって定められた相続人には、故人の遺産を相続する権利が発生します。

遺言書の内容にもよりますが、故人の遺産が誰にどの程度分配されるかが決まっていますので、遺言書の内容や法律にそって遺産が分配されます。

しかし、場合によっては遺産相続を放棄するという手続きも可能です。


この手続を「相続放棄」と言いますが、ではなぜ・どういった場合に相続放棄の手続を行うのでしょうか。

相続放棄を行う場合、その理由のほとんどは、故人に相続以上の借金などの負債が多い場合です。

遺産相続とは、貯金や家や車などもとうぜん相続の対象となりますが、故人の負債も相続とされます。

借金だけは相続しませんというように、都合の良いようにはいきません。

ですから、あきらかに相続分よりも負債が大きい場合に相続放棄の手続を行うことができます。


この相続放棄の手続きは、相続人に与えられた権利ではありますが、何も手続きをしない場合、相続人として認定され、故人に大きな負債がある場合は、相続人の借金となってしまいます。

ご自身が相続人だということが分かりましたら、3ヶ月以内に相続放棄申述書を家庭裁判所に提出して手続きを行う必要があります。


また、この相続放棄の手続は、相続人が複数人いる場合は各個人が自由に放棄の手続きを行うことができます。

しかし、故人の子が相続放棄をした場合は、故人の親が、また親が亡くなっている場合には故人の兄弟が相続することになります。

自分が手続きを終えてひと安心しても、気が付かないうちに相続人となって負債を背負ってしまう親族が出てくるケースも多いですので、予め相続人となっている親族と連絡を取り合い、相談のうえ、相続人全員で手続きを行うことが望ましいでしょう。


相続放棄の手続きについては、専門の窓口で確認することをおすすめ致します。