遺された遺族がトラブルにならないために、遺産相続でトラブルになることを避けるために...

遺産相続に関するその他手続き

遺産を遺して亡くなった方の葬儀などが終わりますと、遺産相続の話し合いや手続きに入るものですが、このような話し合いによっては、身内でトラブルとなる、あるいは離散してしまうということもあります。

相続人それぞれが、お互いの立場を理解し合いながら冷静に話し合いをする必要がありますよね。


一般的に、遺言書が残っている場合、そこに遺産の分配などが記されている場合は、その内容が優先されます。

しかし、急にお亡くなりになる、あるいは遺言書があっても遺産の分配について明記されていないなどの場合は、法令に従って分配をするか、あるいは相続人全員が承認すれば、自由に分配額を決定することが出来ますので、分配に関する話し合いが行われます。

要するに、話し合いによって全員が承認して決定されたものを「遺産分割協議」といいます。 もっともシンプルで良い結果で決定されたものでしょう。

そして、その後のトラブルを防ぐために『遺産分割協議書』を作成し、相続人全員分の署名・捺印が押印されたものを、相続人全員が保管します。

上記のように、話し合いがスムーズに進み、分配額などが全員一致で決定されれば何の問題もありませんが、このようなケースは稀です。


では、話し合いによって決定出来ない場合はどうするのでしょうか。

その場合は「遺産分割調停・審判」という手続きが必要になります。

家庭裁判所に対して「遺産分割調停申立書」を提出し申し立てを行います。

裁判所は申立書を確認し、相続人の故人への貢献度・職業・年齢などで総合的に判断をして、相続人が納得できるような話し合いを進めます。


この話し合いでも決定出来ない場合、最終的に家庭裁判所の判断で各相続人への配分が決定されます。

これは強制力を持ちますので、あとで決定を覆すことは出来ませんし、裁判所の決定に従う必要があります。

「遺産分割調停申立書」の手続き方法については、専門窓口へのご相談をお勧めします。