遺された遺族がトラブルにならないために、遺産相続でトラブルになることを避けるために...

遺産相続に関するトラブル

遺産相続という手続きは、相続人の間でスムーズに配分されるとは限らないようです。

少なからず、配分に関しての話し合いが上手くいかない、そもそも相続人として認めたくないなどというような意見の衝突が起こるようです。

法的に認められた相続人であっても、例えば家族に暴力をふるって勘当同然で家を出た兄弟には遺産を配分したくない、相続人として認めたくないなどのような事例があるようです。

そのような場合、「相続人の排除」という手続きを行うことが可能となっております。


当然、このような手続きを行う場合は、排除するなりの理由が必要です。

手続きの方法としては、「推定相続人廃除申立書」を家庭裁判所に提出をして調停の申し立てをします。

家庭裁判所では、双方の意見を聞き正当な申し立てであるか、意義がどのようなものかを判断し、調停を促します。

それでも双方が合意に至らない場合には、裁判所が審判を下すことになり、この審判は強制力を持っておりますので、裁判所が発行する調停調書などを添えて、市町村に対して「推定相続人廃除届」を送付することで、相続人の排除が決定となります。


しかし、血縁関係にある家族であるため、本来はこのような手続きを踏むようなことをしたくはありません。

そのため、一般的には調停で合意を目指すことを推奨しております。


また、「相続人の排除」の手続きは、被相続人(実際に相続の権利を持っている人) 本人以外でも、遺言執行人が遺言書に基づいて、家庭裁判所に対して申し立てを行うことが可能です。

遺言執行人(執行者)とは、実際に遺言書に書かれている内容を実現していく執行人のことで、 遺言書で指名されている場合と裁判所によって選任されるケースがあります。

「相続人の排除」の手続きについても、遺産相続の手続きの中では覚えておきたいケースではないでしょうか。


このような問題を解決する場合には、法律の専門家にお任せすることが望ましいでしょう。